櫛木理宇『死刑に至る病』感想

★★★★★

タイトル的に真っ先に思い浮かぶのが『殺戮に至る病』。中学生くらいの頃、叙述トリックにハマったきっかけになった作品でもあるから思い出深い。この作品は殺戮に至る病にも引けを取らないくらい面白かった。

多分僕個人的な問題なんだろうけど、マインドコントロールだとか叙述トリックだとか、そういう要素が出てきてて、なおかつ登場人物の闇が深く、完成度が高い作品はすべからくオススメレベルMAXになってしまう。
Amazon見てて思ったけど、この著者の作品、タイトルと装丁がどれもレベル高い。良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。