是枝裕和『DISTANCE』感想/無差別殺人起こしたカルト教団の遺族の話

★★☆☆☆

万引き家族で有名な是枝監督の過去の作品。

万引き家族もそうだけど、この映画についてもスピーディな展開とか衝撃的なラストだとかストーリーの構造で魅せるタイプの毛色の映画でなく、映像だとか一つ一つのセリフだとかで魅せるタイプの映画だ。

多分にいわゆる『芸術作品』みたいなカテゴリなんだと思う。セリフの間や情景描写が長い。

だから、人によってはかなり冗長に感じるはず。さっさと次の展開、次のシーンに行ってくれというふうに。

僕もそういう人間で、行間を楽しむみたいな境地にはなかなか達せないし、達する気がしない。

この人物の今のセリフにはどういう思いが込められるのかとか考えるための行間はあまり必要としない。

一応、ストーリーに触れておくと、

とある宗教団体が無差別殺人事件を引き起こした。実行犯たちはその宗教団体メンバーにより殺められる。事件から3年。亡くなった実行犯の遺族たちがお墓参りに来る。

というお話。その遺族たちは和気あいあい、というといささか変かもしれないけど、同じ痛みを分かち合う仲間のような関係性。

だけど、その中の一人はみんなに打ち明けられないとある秘密を持っている。
という具合のあらすじで、もう多分察してると思うけど、この話のコア部分はその秘密が明かされるという箇所。

ただ、個人的には少し弱いかなぁ、と。

だから映像やセリフに美しさを感じられる芸術肌の人は面白いと思うのではなかろうか。おわり〜。

追記:キャストが豪華

そういえばキャストは異常に豪華だった。あと遠藤憲一さんめっちゃ若かった。

敦:ARATA
勝:伊勢谷友介
実:寺島進
きよか:夏川結衣
坂田:浅野忠信
夕子:りょう
きよかの夫、環:遠藤憲一
菊間刑事:中村梅雀
勝の兄:津田寛治
実の元、妻:山下容莉枝
宮村:村杉蝉之介
勝のガールフレンド、梓:
老人ホームの看護婦:木村多江
実の現、妻:平岩友美
実の上司:中村育二
田辺老人:杉本安生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。