【Photoshop】1分でイラストをドット絵に変換する方法

とある経緯からドット絵のフリー素材が大量に欲しかったのですが、全く見つからず……。

なら作ってしまえばいいのかと方法を色々探していたんですが、写真をドット絵風にする情報しか見当たらなかったので色々模索してイラストをドット化する方法を生み出したのです。

https://takasaki.work/wp-content/uploads/2019/09/syoboiblog_icon.png
緑ズキン

下の手順ではあえて白い背景の画像を使用して透過させていますが、最初から透過背景の画像を用意できるならその方が手順圧縮できて好ましいです

完成図

オリジナル
ドット絵化

1分でイラストをドット絵にする手順

背景を透過させる

サイドバーから自動選択ツールを選びます。

自動選択ツールで背景をクリックし、背景が点線で囲われた状態にします。

backspaceキーを押せば背景が透過されます。

※単色背景でない場合の透過方法についてはこの方法とは少し異なるため、こちらのチュートリアル記事などを参考にしましょう。

コントラストを最大まで上げる

イメージ >> 色調補正 >> 明るさ・コントラスト

コントラストを最大限まで引き上げて、昔の色調っぽくします。

境界線をつけてドット絵感を出す

レイヤー >> レイヤースタイル >> 境界線

境界線をつけることでドット絵化した時のドット絵感が増します。

境界線は1pxを指定します。

※もし、レイヤースタイルが選択できないときは、レイヤーが背景である可能性があります。鍵マークをクリックし、背景状態を解除しましょう

フィルターでモザイク処理をする

フィルター >> ピクセレート >> モザイク

モザイク加工を施せばほとんど完成です。

セルの大きさは画像サイズの1/100くらいで指定するといい感じになりやすいです。

色合いを変更する

イメージ >> モード >> インデックスカラー

RGBカラーからインデックスカラーへ変更します。

完成

ちなみにPhotoshopの単純作業は自動化もできるそう

Photoshopの単純作業は結構簡単に自動化できるそうな。

https://takasaki.work/wp-content/uploads/2019/09/syoboiblog_icon.png
緑ズキン

jsx形式でファイルを作成し、それをPhotoshopで読み込むといった具合ですね。

上手順ではSTEP4の時にピクセル指定が必要で、これは画像サイズに合わせて適宜変更する必要があるので、多少自分でコード書かなきゃならない部分もありそうですが、暇ができたら作ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。