【初心者向け】Site kit by Googleの導入方法と使い方

以前からベータ版のあったSite kit by Googleですが、正式にリリースされたので導入してみました。本記事では出来ることや使い方をご紹介します。

Site kitで出来ることや導入のメリット

  1. 管理画面からのサーチコンソール確認
  2. 管理画面からのアナリティクス確認
  3. 管理画面からのアドセンス確認
  4. 管理画面からのサイトスピード確認
https://takasaki.work/wp-content/uploads/2019/09/syoboiblog_icon.png
緑ズキン

要は各種Googleのサイトにアクセスせずに管理画面からデータの確認できる。割と神プラグインなのでは

ちなみに導入後の管理画面はこんな感じです。

クリックで拡大

導入によるデメリットはあるか?

プラグインを導入すればするほどサイトスピードが遅くなる』という通説があります。

一応、今回Site Kitの導入前と導入後のサイトスピードを計測しておきました。

導入前
導入後
https://takasaki.work/wp-content/uploads/2019/09/syoboiblog_icon.png
緑ズキン

なんなら早くなってしまっているのはおそらく誤差です笑

ここではSite Kitの導入で極端にサイトが重くなるということがないことを確認できたのでOK。

あえていうならちょくちょく英語表記の部分があるのでそこくらいでしょうか。

導入手順

  1. プラグインのインストール&有効化
  2. Googleアカウントでのログイン
  3. プラグインへ権限の付与
  4. 各種サービスとの連携

これだけ。Google公認のプラグインで権限の付与も特に怖い感じはないですね。5分もあれば一通り終わります。

ただし、当たり前のことではあるのですが、このプラグインの役割としては『各種Googleサービスの管理画面へ行かなくてもWordPress側からデータが確認できる』というところにあるので、元々アナリティクスやサーチコンソールなどのアカウントを持っていることが前提条件です。

プラグインのインストール&有効化

管理画面サイドバーのプラグイン新規追加をクリック

検索窓に Site Kit と入力し、 今すぐインストール をクリック

インストールが済んだら 有効化 をクリック

Googleアカウントでのログイン

インストールと有効化が済むと、下画像のようなものが出てきます。

START SETUP ボタンをクリックします。クリックをすると下記画面へ移動。

https://takasaki.work/wp-content/uploads/2019/09/syoboiblog_icon.png
緑ズキン

サイトの権限者かどうかの確認後、サイトのGoogleデータへアクセス権を許可という流れだよと書いてありますね

Sign in with Google ボタンをクリックし、アナリティクスやサーチコンソールと紐づけられたGoogleアカウントでサインインしましょう。

プラグインへ権限の付与

ログインが済むとすぐに下画像のようなポップアップが出てきます。

許可 を押し、サイト(プラグイン)がGoogleアカウントのデータへアクセスすることを許可します。

すると、Site Kit側の表記が下画像のようになっており、サーチコンソールへのアクセスが完了していることがわかりますね。

各種サービスとの連携

上の画像の Connect Service をクリックし、同様にアクセス権を許可していけば連携は完了です。

https://takasaki.work/wp-content/uploads/2019/09/syoboiblog_icon.png
緑ズキン

色々と許可すべき項目が多く(多分合計で10〜20項目)て『これ平気なんか?』と思ってしまいそうですが、サードパーティ製でもないGoogle公式のプラグインなので大丈夫です

ただし、アドセンスとアナリティクスとの連携時には下記画像のようなボタンが出てきます。

認証コードは最新のものにしてね〜という注意書き
自動広告をオンにしていいかの確認

それぞれ CONTINUE CONFIGURE ANALYTICS ボタンを押して連携しましょう。

もし連携するボタンが見当たらない場合は、 サイドバー > Site Kit > Settings 内にある CONNECT MORE SERVICE からでも追加できます。

結論

便利ー!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。